セルフケアでは、思うようなリフトアップができないという場合があります。独力でマッサージをしているけれど、どうしてもリフトアップがしっかりできていないと感じる人もいるようです。最近は、お肌のリフトアップのために、引き締め効果がある美容成分が使われている化粧品もあります。皮膚のたるみを引き締め、ハリのある生き生きとした肌にするために、リフトアップ用の化粧品が開発されています。お肌のハリとは、肌の保水力と深く関わっていますので、肌の保湿効果を高めることがリフトアップには重要です。保湿力の高い肌とは、皮膚から水分が出ていきすぎないものになります。リフトアップが可能なお肌になるためには、化粧品などで肌の保湿力を上げる成分を皮膚に浸透させることです。このほか、ふっくらとしたハリのある肌になるためには、レチノールや、ビタミンC誘導体が効果的です。日々のスキンケアで、ビタミンC誘導体や、レチノールを配合した化粧水を使えば、繊維芽細胞の働きが向上して新たな細胞ができます。加齢によって肌のしわやいしみが増えてきた人は、ナイアシンなどの抗酸化作用の強い栄養素が配合されている化粧品を選ぶと効果が得られます。お肌のコンディションを二の次にしてリフトアップを続けていると、肌トラブルの原因になってしまいます。水分不足で肌荒れが起きやすい人は、ちょっとした刺激も肌への負担になるので、リフトアップも慎重に行いましょう。