くすみやしみができてしまうのは、紫外線による刺激から肌を守ろうとしてメラニンという色素が生成されるからです。皮膚の表層ではなく、内部で生成されたメラニン色素が沈着してしみになるため、すぐになくなったりはしません。美白ケアを行う場合、しみやくすみのない肌になるためには、身体そのものを改善することで肌質を変えていきましょう。肌にしみやくすみができる要因としては、紫外線の影響のほか、にきびや肌トラブルによる肌への刺激が関係していることがあります。くすみやしみを改善させる為には、肌の代謝を活性化させて、古い角質が早く剥がれ落ちる様にすることが大切です。普段食べているものを見直して、肌にいいものを率先して摂るようにしましょう。食事でくすみやシワを改善するには、抗酸化物質が含まれた食品を摂取するのが効果的です。食事内容の見直しが思うようにできないという人は、抗酸化成分を含むサプリメントを使って、体内に取り入れるといいでしょう。食事の改善が思うようにできないという事情がある人は多いので、サプリメントで栄養摂取をサポートするのはいい方法です。そう簡単に肌の状態を変えることはできませんが、コツコツと継続することが重要になります。これ以上増やさない様に気を付けながら、毎日欠かさずケアすることで、次第に薄くすることが可能になります。しみやくすみがお肌に増えないように、美白効果のあることを続けていくことで、きれいな肌でいることかできます。